京都でのインプラント治療は関西インプラントオフィス

無痛治療(静脈鎮静法)

  • TOP
  • 無痛治療(静脈鎮静法)

無痛治療(静脈内鎮静法)とは

無痛治療(静脈内鎮静法)とは静脈から薬剤を点滴し、意識が薄れた状態を作り出し、インプラントなどの手術時、恐怖心から治療に踏み切ることのできない患者様のために対応する手法です。
無痛治療(静脈内鎮静法)を受けている間は意識が薄れているため恐怖心などから開放され、リラックスした状態で治療を受けていただくことができるため実際に受けた患者様の満足度も非常に高く、痛みや緊張感を感じることなく治療をしていただくことができるのです。
当センターでは希望をされる方にはこの無痛治療(静脈内鎮静法)を用いて手術を行っております。

岳歯科クリニック/感作インプラントオフィスの院内

無痛治療(静脈内鎮静法)の流れ

静脈から点滴を行います。

静脈から点滴を行い、リラックスした状態を作り出していきます。通常は腕から薬剤を点滴していきます。
この点滴で使用する注射針も非常に細いため注射、点滴に抵抗感のある方でもさほど辛さを感じることなく導入しております。

インプラント無痛治療に用いる点滴と注射器

点滴の状況が確認できたら
徐々に薬剤を増やします。

点滴がスムーズに進んでいることが確認できた時点で薬剤の量を増やしていきます。患者様によって薬剤の量は変わりますので専門の麻酔科医が患者様の状態を見ながら薬剤の量を調整していきます。
患者様の治療への恐怖の度合いによって意識レベルを調整いたします。

インプラント無痛治療に用いる点滴薬剤

鎮静が完了したら
局所麻酔を行います。

患者様の鎮静状態を確認したら施術に必要な局所麻酔を行います。
静脈内鎮静だけでは麻酔効果を得ることはできないため局所麻酔は必ず行いますが、局所麻酔は鎮静された状態で行うため患者様が麻酔による痛みを感じることはありません。
また、手術中も患者様の心拍や血圧などの状態を専門医が常にチェックしていますので万が一状態が急変したとしても万全の対応ができるのです。

インプラント無痛治療に用いる局所麻酔

各種インプラント治療について

当院では殆どの症例をノーベルガイドによる歯茎を切らないフラップレスインプラント手術で行います。
フラップレス手術は歯茎を切開したり剥離(はがす)することなくインプラントを埋入する手術法です。
この術法は傷口が非常に小さいため手術後の回復が早く、患者様の体の負担が少ないことが特徴です。
インプラント治療に関する情報は、当院の6つの約束または専門ページをご覧ください。



JSON-LD