京都でのインプラント治療は岳歯科クリニック

FAQ/よくあるご質問

  • TOP
  • FAQ/よくあるご質問
Q1 インプラント治療を行うのに痛みはありますか?
手術の痛みはほとんどありません。術後の痛みや腫れは1週間ほど出る可能性がありますが、ガイド手術を使用することで傷を最小限に抑えることができますので、痛みや腫れは通常のインプラントが手術に比べてほとんど起きません。
Q2 治療期間はどのくらいですか?
骨が十分にある場合は、2か月ほどで治療が完了しますが、骨が少ない方は半年ほどかかる可能性があります。
Q3 インプラントの材料を教えてください。
当院の使用するインプラントは全てチタンでできています。チタンは体へのなじみが最も良いとされ、生体んに埋め込む金属として、医療では広く使用されております。
Q4 麻酔の方法を教えてください。
通常の局所麻酔を行うことで十分な増井効果をえれますが、寝てる間に手術を行う静脈内鎮静での手術も可能です。これにより、痛みと怖さをほとんど感じることなくインプラント手術を終えることができます。
Q5 インプラントは誰でもできますか?
ほとんどの方がインプラント治療を受けていただくことが可能ですが、重度高血圧症、重度糖尿病、癌治療の治療歴がある場合、骨粗しょう症で特定の薬剤を使用されている場合など、いくつかの持病では適応とならない場合もあります。詳しくはご相談いただきますようお願い申し上げます。
Q6 インプラント治療の成功率は全般的にどの程度ですか?
上顎で95%、下顎で97%程度であると言われています。これは10年後もインプラントが機能しているかを表すもので、ブリッジや入れ歯に比べて遥かに生存率が高いといえます。
Q7 インプラント治療による副作用はありますか?
インプラント治療による健康被害は今のところ報告されていません。手術によるリスクはガイドを使用することで大幅に低減できています。
Q8 インプラント治療には年齢制限があるでしょうか?子供でも治療可能でしょうか
成長期の骨に対してインプラント治療を行うことはできません。急を要する場合は18歳以上、通常であれば20歳以上が望ましいとされています。
Q9 治療期間中は、歯がない状態で過ごさなければなりませんか?
小臼歯から前歯のインプラント治療では必ず仮の歯を入れますので、治療中でも見た目は気になりません。
Q10 治療中に食べ物は、普通に食べれますか?
基本的に食事の制限や食べてはいけないものはありません。インプラント治療の範囲が多い場合は固い食べ物を控えていただくこともあります。
Q11 費用が高いと聞きましが保険は適用できますか?
インプラント治療には保険は適応できません。ただ、医療費控除として税金の控除対象になりますので、患者様によってはかなり費用を抑えることができます。
Q12 ローンは使えますか?
インプラント治療では多くの患者様がローンを利用されております。当院では歯科専門のローンを複数取り扱っております。
Q13 糖尿病があるとインプラント治療を受けられないのですか?
血糖値がコントロールされていることが望ましいですが、ガイド手術では手術の負担や傷が少なく、適応となる場合もあります。一度ご相談いただき、インプラント治療の可否を判断いたします。
Q14 総入れ歯なのですが、インプラント可能でしょうか
歯のあるなしにかかわらず、インプラント治療を受けていただくことが可能です。
Q15 金属アレルギーがあるのですが、インプラント可能でしょうか
インプラント治療に用いられるチタンは、基本的に金属アレルギーを引き起こさないと言われています。
Q16 歯周病があるのですが、インプラント治療を受けることできますか?
インプラントを長期で安定させる為には、歯周病を治さないといけません。インプラント治療の前か途中に治療を行います。歯周病の治療は保険適応です。
Q17 インプラントの手術にあたり入院は必要ですか?
当院のインプラントの手術では入院は必要ありません。
Q18 骨にボルトを埋め込むことによって、体に悪影響は出ないのですか?
骨内にインプラントがあることでの、体への影響はありません。また、素材のチタンは体に影響がない金属といわれています。

各種インプラント治療について

当院では殆どの症例をノーベルガイドによる歯茎を切らないフラップレス手術で行います。
フラップレス手術は歯茎を切開したり剥離(はがす)することなくインプラントを埋入する手術法です。
この術法は傷口が非常に小さいため手術後の回復が早く、患者様の体の負担が少ないことが特徴です。
治療に関する考え方や方法については、当院の6つの約束または専門ページをご覧ください。



JSON-LD