京都でのインプラント治療は関西インプラントオフィス

All-on-6/All-on-4
オールオン6/オールオン4

  • TOP
  • All-on-6/All-on-4

当院のAll-on-4/All-on-6
(オールオン4/オールオン6)

岳歯科クリニックのAll-on-4/All-on-6インプラント治療

「All-on-4(オールオン4)」とは、今までのインプラントのように数多くのインプラント1本ずつ埋め込むことなく、たった4本のインプラントで上部構造を支え、維持する治療方法です。インプラントを傾斜埋入(斜めに埋め込む)し、4本のインプラントを連結することでたった4本のインプラントでも多くの歯を支える丈夫なフレームを作り出すことができます。
このため患者様の骨の状態によっては、手術日のうちに仮歯を装着し、場合によっては手術日のその日から食事をしていただけることもございます。
また、All-on-4(オールオン4)では、骨の強度が高い部分にインプラントを埋め込むため、骨量が少ない方・骨の強度が足りず通常のインプラントで対応できない方々に最適な術法となります。
All-on-6(オールオン6)とは、All-on-4(オールオン4)にさらに2本のインプラントを追加することでより強度と安定性を求めた次世代のインプラント術法となります。
All-on-4(オールオン4)と比較してインプラントを2本追加した6本のインプラントにより、より強固に上部構造を維持できるため、All-on-4(オールオン4)の「手術した日に食事ができる」という利点を残しつつも、インプラントにおける強度・安定性をさらに向上させることができます。

All-on-4インプラント治療後の歯の写真

All-on-4・All-on-6(オールオン4・オールオン6)は
総入れ歯では解決できない問題の最後の選択肢

我々は総入れ歯になってしまった患者様から、「噛めなくて食事が辛い」、「会話中に入れ歯が外れる」など入れ歯に対する様々な不満・不安をお聞きしてきました。
総入れ歯(無歯顎)になってしまった患者様にとって、インプラント治療は非常に大きなメリットをもたらします。しかしながら今まで行われてきたインプラントの治療法は多くのインプラントを埋め込む必要があり、多くの手術回数と長い治療期間を経なえればなりませんでした。
また、すでに長期に渡って総入れ歯だった方は殆どの場合で顎の骨が吸収され、骨が痩せてしまっていることが多く、骨造成(骨を増やすための手術)が必要となり、費用も余計にかかってしまっていました。
関西インプラントオフィスでは総入れ歯(無歯顎)の患者様には従来に比べて強度が高くそして治療期間が短くなった最新のインプラント治療である「All-on-6(オールオン6)」をおすすめさせていただいております。
この治療方法は、総入れ歯の方以外にも残存歯(残っている歯)が少ない方にとっても効率的かつ効果的な治療方法となりえます。
当院では患者様にとっての最適な治療方法をカウンセリングをさせていただき最善を尽くし治療させていただいております。

All-on-6は総入れ歯の方以外にも残存歯が少ない方にとっても効率的かつ効果的な治療方法となりえます

当院のAll-on-4・All-on-6
(オールオン4・オールオン6)の特徴

当院では基本、メスを使わないフラップレスの手術(歯茎を切らない手術)を行っております。この方法をとることで手術から帰宅までの時間を従来方式の手術と比べ半分程度に短縮することができるようになりました。
また、骨造成手術(GBR)とAll-on-4(オールオン4)あるいはAll-on-6(オールオン6)を組み合わせることで、通常であれば不可能な骨造成手術(GBR)をしたあとその日のうち、または短期間でしっかりと噛んでいただける歯をお作り致します。
通常、4本のインプラントで行う手術であるAll-on-4(オールイン4)を、当院では術後の安定性と強度を鑑み、6本のインプラントを使う(オールオン6)ことで、今までのAll-on-4(オールオン4)に比べ歯の安定性・強度をより高める治療を選択しています。All-on-6(オールオン6)で治療を行う場合、将来的にもし1本のインプラントが機能しなくなったとしても、All-on-4(オールオン4)以上の強度と安定性、ひいては機能性を維持することができます。

岳歯科クリニックのAll-on-4・All-on-6治療はその日のうち、または短期間でしっかりと噛んでいただける歯をお作り致します

All-on-4・All-on-6(オールオン4・オールオン6)の開発

従来あったインプラント治療では、骨とインプラントの結合期間としてインプラントを埋入してから、上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月程度は、インプラントに対して負担・負荷をかけない生活をしていただくのが常識でした。しかしながら全く歯が無い状態で半年間もの間、日常生活を過ごしていただくのは現実的ではありません。
しかし、最近の研究では、インプラントと骨が結合する前であっても、インプラント自体を動かすことなく固定することさえできれば、骨とインプラントが問題なく結合するということがわかってきました。インプラントが動かないようきっちりと固定し、インプラントと骨の結合を待たずにインプラント治療を行う「All-on-4(オールオン4)」システムを提唱したのがDR.パウロ・マロです。

  • 6本のインプラントを埋入
    6本のインプラントを埋入
  • 4本のインプラントを埋入
    4本のインプラントを埋入

画期的なインプラント治療

All-on-4・All-on-6(オールオン4・オールオン6)は、総入れ歯になってしまった方(無歯顎)や残存歯が非常に少ない方にとっての最新のインプラント治療です。
今までの治療では、総入れ歯の方へインプラント治療を行う場合は、骨の移植や骨造成手術(GBR)などを行い、8〜14本の数多くのインプラントを埋入し、個別に上部構造を作るのが普通でした。
しかしながらこの治療方法では手術時間・治療全体の期間が長くなり、フラップを開く(歯茎を大きく切る)ことで術後の腫れも大きくなる事が多く、またインプラント埋入本数が増えるため全体的に費用が高額になるという問題点がありました。

  • 上顎にインプラントを6本ずつ埋入した際のレントゲン写真
    上顎にインプラントを6本ずつ埋入した際のレントゲン写真
  • All-on-6(オールオン6)での治療イメージ
    All-on-6(オールオン6)での治療イメージ

All-on-4・All-on-6(オールオン4・オールオン6)は、奥のインプラントをが多い箇所へ斜めに埋入することで成立します。
インプラントにかかる力を広範囲に均等に分散することで、インプラントが骨と結合(インテグレーション)するために必要な安定性を担保しながら、最低限である4本~6本のインプラントですべての人工歯を支えることが可能となりました。
All-on-6(オールオン6)は、患者様自身の体や治療費の負担を最小限にできる新しいインプラントの治療法として、非常に効果的であると我々は考えています。

All-on-4・All-on-6治療

サージカルテンプレート(ノーベルガイド)で
安全・確実なインプラント手術

CTスキャンデータを使用し、3Dシミュレーションソフトで安全かつ強度が保てる場所へインプラントの埋入するためのシミュレーションを作成します。
その際に設計したデータを元に「ノーベルバイオケア社」の技工所で精密なインプラント埋入ガイド「サージカルテンプレート」を作製します。
このサージカルテンプレートには事前シミュレーションで算出されたインプラントの埋入位置や角度などが正確に反映され、インプラントを埋入する際のドリリングを正確に行うことができるようになります。
手術法としてはサージカルテンプレートを歯茎に装着し、歯茎の一部に直径4mm程度の非常に小さな穴を開け、シミュレーション通りの位置にサージカルテンプレートを固定することで歯茎を切開をせずに行う「フラップレスインプラント」という方法で行います。
ほぼ歯茎を切ることなくインプラントを埋入する事ができるため、切開による傷を最小限に抑えることができ、手術後の腫れや痛みを最低限に軽減することができ、患者様の回復も早くすることができます。

サージカルテンプレートで安全・確実なインプラント手術が可能です

All-on-4・All-on-6(オールオン4・オールオン6)は画期的なインプラント治療

  • 数時間で手術が終わり、当日中に仮歯を入れることができます。
  • 手術は「無切開(歯茎を切らない)・無剥離(歯茎を骨から剥がさない)で行う、フラップレスインプラント術式」で行うので、縫合や抜糸の必要がなく、来院回数も最低限で済ますことが可能です。
  • また、インプラントに接続する上部構造は強度が高く、審美的にも非常に優れています。
  • このような治療はサージカルテンプレート(ノーベルガイド)を使って行うことで、安全かつ精密に手術を行うことが可能となったのです。

各種インプラント治療について

当院では殆どの症例をノーベルガイドによる歯茎を切らないフラップレスインプラント手術で行います。
フラップレス手術は歯茎を切開したり剥離(はがす)することなくインプラントを埋入する手術法です。
この術法は傷口が非常に小さいため手術後の回復が早く、患者様の体の負担が少ないことが特徴です。
インプラント治療に関する情報は、当院の6つの約束または専門ページをご覧ください。



JSON-LD