京都でのインプラント治療は関西インプラントオフィス

歯茎を切らないフラップレスインプラント

  • TOP
  • 歯茎を切らないインプラント(フラップレスインプラント)

ノーベルガイドによる精密なフラップレス(歯茎を切らない)
インプラントで体への負担を最低限に。

フラップレスインプラントとは

フラップレスインプラントとは通常のインプラント手術と異なり、歯茎を切開、
あるいは剥離(はがしたり)することなくインプラントを埋入する手術法です。
傷口が非常に少なく済むため手術後の回復が早く、患者様の体の負担が少ないことが特徴です。

  • サージカルガイドシミュレーション
  • ラジオグラフィックガイド
  • サージカルテンプレート

歯茎を切るインプラントと切らないインプラントの違い

こんなに違います!

サージカルテンプレートを使用した
インプラント手術とは

当院ではインプラントを埋入する際、事前シミュレーションで決定した位置や角度をもとに作成した
サージカルテンプレート(ノーベルガイド)を装着し、このサージカルテンプレートに沿って正確な位置に小さな穴を開けて手術を行います。
このサージカルテンプレートを使用することで正確かつ体への負担を最低限にして手術を行うことができるのです。

サージカルテンプレートを使用したインプラント手術イメージ

  • インプラントを埋入するために骨に穴をあける

    サージカルテンプレート(ノーベルガイド)を装着し、骨に小さな穴を開ける

    患者様のCTデータを元に専用ソフトでシミュレーション行い、事前のシミュレーションでインプラントの埋入位置や角度を計算し、作成したサージカルテンプレートを装着し、インプラントを埋入するための小さな穴をあけます。 術前の精密なシミュレーションを行うことで最善である治療計画通りの正確で安全な手術をサージカルテンプレートによって行うことができるのです。

  • インプラントを埋め入れる

    インプラントを埋め入れる

    事前シミュレーションどおりの位置・角度・深さに開けられた穴へインプラント埋入していきます。埋入もサージカルガイドをつけたまま行うため通常のインプラント埋入より高い精度で埋入することが可能です。

  • インプラントを埋入後、かぶせものを装着

    上部構造の装着

    全体的なかみ合わせを調整し、患者様一人ひとりの口腔内から表面の色を調整します。歯の色は患者様ごとに異なるため綿密な調整が必要となります。単純に白くきれいなだけの上部構造を入れるのではなく患者様にとって適した今まで底にあったかのような上部構造を作成し装着いたします。

フラップレスインプラント治療を行う
メリットとそのための条件

フラップレスインプラント治療を行うメリット

  • フラップレスインプラントは歯茎を切り、骨を直接露出するフラップ手術に比べ、出血が少なく、最低限の切開で行うため感染症のリスクを最小限に抑えることができます。
    つまり、術後に細菌感染による腫れや痛み、そしてインプラント周囲炎のリスクを大幅に低減することができます。
    切開がないため歯茎の治癒も非常に早く、審美的にも優れた結果が期待できます。
    また、出血も少なくなるため、ワーファリンなどの血液をサラサラにする薬を飲まれてる患者様であっても多くの方が薬の服用を中断せずに手術を行うことが可能です。
  • 切開しないため、痛み・腫れ・出血が少なく、手術後の治癒期間が短くすみます。そのため実際当院ではフラップレス手術を行った患者様の3人に2人は翌日に痛み止めを飲まれません。
  • 事前にCT撮影とコンピュータ・シミュレーションによって作成したサージカルテンプレート(ノーベルガイド)を使用することで安全で正確な手術を行うことが可能です。
    また、このサージカルテンプレートを使用することで手術時間が通常の手術に比べ大幅に短縮することができます。
  • 切開、剥離、縫合の時間が不要になるため、スムーズにいけばインプラント1本の埋入であれば約10分で完了します。
    顎の骨の状態がよく、初期固定する上で十分な強度が確保できた場合は、手術した当日に仮歯を装着することができる場合もあります。
  • 徹底した口腔内の細菌コントロールを行うことで感染予防を行いながら手術が可能です。
    ※当院のインプラント治療前の徹底した細菌検査についてはこちらから
  • ※フラップレスによるインプラント手術は全ての方に適用ものではございません。

    診査、診断の内容を元に担当歯科医師が患者様と相談の上、治療方針を決定させて頂きます。

フラップレスインプラント治療を行うための必須条件

  • CT撮影を行うこと。
  • コンピュータ・シミュレーションによるサージカルテンプレート作製すること。
  • インプラントの埋入位置に必要充分かつ質の良い骨があること。

各種インプラント治療について

当院では殆どの症例をノーベルガイドによる歯茎を切らないフラップレスインプラント手術で行います。
フラップレス手術は歯茎を切開したり剥離(はがす)することなくインプラントを埋入する手術法です。
この術法は傷口が非常に小さいため手術後の回復が早く、患者様の体の負担が少ないことが特徴です。
インプラント治療に関する情報は、当院の6つの約束または専門ページをご覧ください。



JSON-LD