京都でのインプラント治療は関西インプラントオフィス

治療を終えられた方へ

  • TOP
  • 治療を終えられた方へ

インプラント治療後にインプラントが安定したかどうかの確認、メンテナンスは歯科衛生士とともにドクターが必ず立ち会います。
これはインプラントが安定してからの経過確認を徹底することで患者様の状況に見合ったアフターケアを行うためです。
「インプラント手術が終わったからメンテナンスは歯科衛生士任せ」というわけではなくポイントポイントをドクターが確認することで患者様によって、より長期的にそして安定的にインプラントを使用していただけるよう我々は最善を尽くします。

骨の経過検査・周囲骨の清掃

インプラントはそれ自体が口腔内菌の影響で虫歯になることはありません。
しかし、インプラントが埋め込まれた骨の周囲や歯茎は、ほかの部分よりもデリケートになります。
インプラントは埋入後、定期的にその現状の検査やメンテナンスを行い、インプラントが埋め込まれた骨や周囲の歯茎を守ることが大切です。
患者様の口腔内の状況によっては、菌を減少させる薬を処方することもございます。

歯ブラシの指導

インプラントを長期的かつ安定的に使っていただくためには、患者様自身による日々のブラッシングケアもとても重要です。
初期のメンテナンスではドクター及び歯科衛生士が歯ブラシ指導を行い、患者様の日ごろのメンテナンス・ケアをサポートいたします。

オーバーホール

オーバーホールは上部構造とインプラントを一度取り外し、全体的な清掃を行ってから上部構造をはめ直します。
当院ではインプラントを長期的に使用していただくために2年に1回はオーバーホールを行うことを推奨しています。
また、最低でも5年に1回はこのメンテナンスをお受けいただくことをインプラント保証の条件とさせていただいております。

各種インプラント治療について

当院では殆どの症例をノーベルガイドによる歯茎を切らないフラップレスインプラント手術で行います。
フラップレス手術は歯茎を切開したり剥離(はがす)することなくインプラントを埋入する手術法です。
この術法は傷口が非常に小さいため手術後の回復が早く、患者様の体の負担が少ないことが特徴です。
インプラント治療に関する情報は、当院の6つの約束または専門ページをご覧ください。



JSON-LD