京都でのインプラント治療は関西インプラントオフィス

インプラント治療とその他の治療との比較

  • TOP
  • その他の治療との比較

入れ歯、ブリッジ、歯牙移植、インプラントの比較

入れ歯
メリット
保険適用が可能で、比較的安価に治療できる
短期間での治療が可能。
外科手術の必要がない。
デメリット
会話や食事中に外れやすい。
噛む力は自身の歯に比べ50%程度しか得ることができない。
とめ金が外から見えてしまい審美的に優れていない。
とめ金をかける歯に負荷がかかり自身の歯を痛めてしまう。
毎日入れ歯を洗浄しないと口腔内が不衛生になる。
入れ歯の周囲にある歯を痛めてしまう。
入れ歯のメリット、デメリット
ブリッジ
メリット
短期間で治療が可能。
固定してしまうためいればと違い外れにくく見た目の違和感が少ない。
デメリット
ブリッジを入れる両隣りの健康な歯を削らなければならない。
ブリッジを装着する歯へ大きな負担がかかり、歯が痛みやすい。
ブリッジと歯茎の間に食べかすなどが残り、口腔内が不衛生になりやすい。
保険が適用できるが、入れ歯に比べて費用が高くつく。
審美的に優れたセラミックを入れる場合は自費診療となるため費用がかかる。
ブリッジのメリット、デメリット
象牙移植
メリット
自身の歯を使用するため、機能的・また審美的にも術後の違和感がない。
インプラント治療より安価に対応できる。
デメリット
インプラントのような確実性のある手術ができない為、リスクが高い。
移植した歯が生着しなかった場合、移植した歯も同時に失うことになる。
歯周病などの状況によって移植を受けられない状態にある方が多い。
象牙移植のメリット、デメリット
インプラント
メリット
ご自身の歯と同じ感覚で噛んだり食事ができる。
骨と結合するため安定性が高い。
審美的に優れている。
インプラント治療によって周りの歯を削ったり負荷をかけることがない。
デメリット
保険の適用ができないため、他の治療と比べて治療費が高額になりやすい
他の治療と比べて治療期間が長い。
外科手術を受ける必要がある。
他の病気など患者様の状態によっては手術が難しい場合がある。
インプラントのメリット、デメリット

各種インプラント治療について

当院では殆どの症例をノーベルガイドによる歯茎を切らないフラップレスインプラント手術で行います。
フラップレス手術は歯茎を切開したり剥離(はがす)することなくインプラントを埋入する手術法です。
この術法は傷口が非常に小さいため手術後の回復が早く、患者様の体の負担が少ないことが特徴です。
インプラント治療に関する情報は、当院の6つの約束または専門ページをご覧ください。



JSON-LD