京都でのインプラント治療は関西インプラントオフィス

機器紹介

  • TOP
  • 機器紹介

当院で使用する機器について

オステルIDx

変化するインプラントの安定性を測定することは重要です。当院で使用するオステルIDxは、手術にて埋入したインプラントの安定性を測定するための機器です。インプラント、またはアバットメントに装着するスマートペグを使用し、非接触でISQ値(インプラント安定指数)が測定できます。測定ここで測定したデータを元に、上部構造をセットする時期を決定致します。

ピエゾ(超音波)治療器

超音波振動により骨切りを行うデバイスです。一般的な診療行為から高度な施術まで、様々な用途で活用できます。安全性と高精度を追求した、多機能で操作性にすぐれた装置です。当院では、メクトロン社のピエゾ治療器を採用し、ドリルと同等のスピードでの施術を可能にしました。

CAS-KIT(上顎洞挙上術)

CAS-KITはインプラントを埋入するスペースに骨を作るために用いる、手術用外科キットです。切削部分を非常に小さくおさえることで、サイナス内の粘膜を破るリスクを軽減致します。

OsseoCare Pro

生体情報モニター

撮影用カメラ

滅菌・感染症への取り組み

手術用のオペ室には「クリーンエリアプラス」というエアカーテンを設置することで手術を行う術野部を滅菌し、それによって二次感染のリスクを取り除くことができます。
このエアカーテンは清潔で安全な手術室をスイッチひとつで瞬間的に作り出すことができます。
術野全体を無菌の空気の壁で覆うことで、無菌に近い状態でインプラントなどの外科手術を行うことができます。
患者様にとって安心・安全な治療空間を提供することがこのクリーンエリアプラスを導入した一番の目的です。

各種インプラント治療について

当院では殆どの症例をノーベルガイドによる歯茎を切らないフラップレスインプラント手術で行います。
フラップレス手術は歯茎を切開したり剥離(はがす)することなくインプラントを埋入する手術法です。
この術法は傷口が非常に小さいため手術後の回復が早く、患者様の体の負担が少ないことが特徴です。
インプラント治療に関する情報は、当院の6つの約束または専門ページをご覧ください。



JSON-LD