京都でのインプラント治療は岳歯科クリニック

インプラント治療の流れ

  • TOP
  • インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

STEP1術前の診査・診断・治療計画

CTやレントゲンの撮影を行い、骨の状態を確認します。インプラント治療に問題がなければ、治療計画と治療のお見積りを作成し、ご同意頂ければ、次のステップに進みます。

骨の中には、インプラント手術のリスクとなる、神経や動脈があります。また、レントゲンでは骨が十分あるように見えても、骨が薄い場合はあります。インプラントシミュレーションソフトを用いて、最もリスクが低く、なおかつ丈夫なインプラントが入るようなポジションに設計をしていきます。骨が薄い場合は、インプラントシミュレーションソフトで、骨造成のシミュレーションを行い、どれだけの骨造成が必要なのか、または骨移植の場合、どこから骨を持ってくるのか、といったことを全てコンピューター上でシミュレーションします。それを元に、治療期間と費用・術式・侵襲の程度・待時期間中の仮歯の設計を行い、患者様にご説明いたします。治療計画・費用同意書にサインいただきまして、具体的な治療に進んでいきます。

詳しく見る

STEP2ガイドの作成

撮影したCTを元に、治療計画に基づいて、最適な埋入ポジションを設計します。インプラントシミュレーションソフトによって、インプラントポジションに合わせたガイドを作成します。

事前に作成した治療計画と3Dスキャナーによってスキャンされた口腔内の3Dデータを元に、ガイド装置をインプラントシミュレーションにて設計します。その設計したデータを、アメリカのノーベル本社に送信しガイド作成ラボにてガイドを作成します。作成されたガイドが(空輸 飛行機で運ばれてくることを上手に表現)運ばれてきます。術前に、口腔内への仮装着を行い、装置に問題ないことを確認します。

詳しく見る

STEP3埋入手術

当日は、局所麻酔か鎮静麻酔(眠っている状態)を行い、ガイドを口に装着して、インプラント埋入手術を行います。おおよその手術時間は1本で3~5分程で終わります。骨の少ない方は、このあと骨造成を行います。仮歯を装着する場合は、当日に仮歯を装着して、手術を終わります。

単純なインプラント埋入手術であれば、局所麻酔のみで手術を行います。長時間に渡る場合は、鎮静麻酔によって手術を行います。鎮静麻酔とは、寝ている状態で手術を行いますので、手術の痛みや恐怖感を和らげることができます(全身麻酔とは異なります)。
麻酔後にガイドの装着を行い、適合に問題ないことを再度確認し、口腔内に装置を固定します。ドリルによって、インプラントの形に穴を形成し、インプラントを埋入していきます。骨造成が必要な場合、事前のシミュレーションを元に、骨造成を行います。その後、事前に用意した仮歯を、インプラントに装着してCTにて問題ないことを確認し、当日の手術を終えます。

詳しく見る

STEP4待時期間(2~3ヶ月)

通常は、上顎は3ヶ月。下顎は2ヶ月間、骨の中でインプラントを寝かせます。骨造成を行った場合、程度によりますが、6~9ヶ月ほどインプラントを寝かせます。

上顎は下顎に比べ、骨の密度が薄く、一般的に下顎よりも骨に結合するまでに時間がかかると言われています。この期間は年齢や骨の硬さによって変わります。骨造成を行っている場合は、インプラントと骨の結合+骨を作る期間が別にかかるため、通常の埋入よりも長く期間がかかります。この期間は月に一度ほどご来院いただき、メンテナンスを行っていくか、他に必要な治療がある場合は、この期間中に治療を行っていきます。この期間はインプラントで噛んで頂くことが出来ない以外、普段の生活を送って頂いて構いません。

詳しく見る

STEP5被せものの型採り

インプラント安定値を測定し、骨との結合を確認できれば、インプラントを3Dスキャナーでスキャンします。そのスキャンしたデータを元に、技工士が被せものを作成します。

超音波でインプラントと骨の結合強度を測定する装置によって、インプラントと骨がどれだけの強度・面積で結合しているのかを、正確に計測します。その結合が一定の強度を満たしている場合、型採りに移行します。もし結合が弱い場合は、待時期間を延長します。
インプラントを3Dスキャナーでスキャンし、インプラントの位置や他の歯の状態に合わせ全て3Dデータに変換します。変換したデータを元にインプラント専門技工士が、被せものをシミュレーションソフトにて設計します。その設計したデータをアメリカのノーベル本社に送信し、被せものの元になるジルコニアのフレームを作成します。日本に届いたものを、技工士が最終的な色合わせや形態の調整を行い、完成します。

詳しく見る

STEP6被せものの装着(被せものの前に仮歯を入れることもあります)

出来上がった被せものを、インプラントに装着し、治療を終えます。もし仮歯を入れる場合は、技工士が作成した仮歯で、噛み合わせを調整し、問題なければ最終的な被せものを装着します。

出来上がった被せものを、インプラントに装着しかみ合わせや審美性の確認を行い、患者様にも確認いただきます。必要な修正や調整を行い、口腔内に仮装着をし、1~2週間程、過ごしていただきます。お食事や生活に問題ないようであれば、後日最終装着を行い治療を終えます。

詳しく見る

STEP7メンテナンス

インプラント治療が終了した後、3~6ヶ月おきに、定期的なインプラントの状態確認とメンテナンス(お掃除)を行っていきます。

インプラント治療に移行している患者様の多くが、歯周病やかみ合わせの問題を抱えていることが多く、装着後にそういった問題からインプラントをだめにすることがあります。ですので、定期的に歯周病の検査と予防を徹底し、インプラントを生涯にわたって使っていただけるように、責任を持って管理していきます。
また、年齢と共に、顎の骨の形は変化していき、それに伴ってかみ合わせも変化していきます。その変化に合わせたかみ合わせの調整を行わないと、被せものを入れたときは問題なくても、数年後に大きな問題になることがあります。そういった意味でも、かみ合わせを定期的に管理していくことは重要になります。

詳しく見る



JSON-LD